高松にある内科・糖尿病内科・皮膚科クリニックです。患者様の「笑顔」を大切に診療に取り組んでいます。

医療法人ウェルネスサポート 高松紺屋町クリニック

糖尿病内科

糖尿病の症状

糖尿病とは?

血液中の糖分(ブドウ糖)の濃度=血糖値が高くなる病気です。
正常な人の血糖値は、食事前の空腹時で70~110mg/dlぐらいで、食事を摂ることで糖分が吸収されると血糖値も上がりますが、140mg/dlぐらいです。

通常は膵臓から分泌されるインスリンの作用により、ブドウ糖を分解し筋肉や脂肪に取り込むことで適正な血糖値を保っていますが、インスリンが何らかの原因で作用しない状態になることで糖尿病を引き起こします。

血糖値が高いとどうなるの?

極端に高いと、命にも関わる危険な状態ですので、すぐに治療を受ける必要があります。
通常はすぐに症状が出ませんが、時間の経過とともに様々な病気を引き起こすため、放っておくと非常に怖い病気です。

※HbA1cとは?

健康診断等で、「HbA1c」という検査項目を目にしたことはありませんか?
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)とは、採血した日より1~2ヶ月前ぐらいまでの血糖値の状況を示すものです。この値が高い場合は、随時血糖(採血した時点での状態)が低くても、1~2ヶ月の間は血糖値が高かったということになります。糖尿病の治療において重要な検査項目です。

予防や治療の方法は?

血糖値を適正な値に保ち糖尿病にならないためには、日頃の生活習慣が重要です。血糖値が高くなりにくい食生活や日頃の運動によりインスリンの働きをよくすることも大事です。 糖尿病になった後も同様で、生活習慣の改善に加え、患者さんの状態に合わせた適切な治療方法を組み合わせることで血糖値をコントロールします。

糖尿病にも種類があるの?

糖尿病は4つの種類に分類されますが、主なものとして、1型糖尿病と2型糖尿病が挙げられます。

1型糖尿病
遺伝的な要因やウイルス感染によって、膵臓がインスリンを作り出せなくなることで血糖値が高くなります。
2型糖尿病
遺伝的な要因もありますが、多くは生活習慣などによって、膵臓からのインスリンによる血糖コントロールができない状態になります。

高血糖の状態が続くと、次のような症状が現れることがあります。これらに思い当たる方は、ご遠慮なくご相談ください。

  • のどが渇く
  • 水分摂取量が増える
  • 手足がしびれる
  • 尿量が増える
  • 体重減少
  • 倦怠感

糖尿病による合併症について

糖尿病の最も怖いところが、深刻な合併症です。糖尿病では、主に血管や神経がダメージを受けることで様々な器官に合併症が発生します。

網膜症
眼の網膜の血管がダメージを受けることで発症し、進行すると失明します。
腎症
腎臓の細い血管のダメージにより、老廃物を体外へ排出する機能が失われ、進行すると透析治療が必要となります。
神経障害
末梢神経がダメージを受けることで、身体中の様々な場所に症状が現れます。痛みやしびれ、感覚が麻痺するなどの皮膚異常が現れます。
脳卒中、心筋梗塞
糖尿病は動脈硬化を引き起こします。これにより脳卒中や心筋梗塞が起こりやすい状態になります。
また、糖尿病に加えて肥満や高血圧、脂質異常が加わるとさらにリスクが高まります。

アクセス

お気軽にお電話ください 087-823-1018

診療時間は各診療科目ページをご覧ください。

〒760-0027 高松市紺屋町5-3
JR高松駅・琴電片原町駅から徒歩約15分にあるクリニックです。
お車でお越しの方は、近隣の駐車場をご用意しております。

大きい地図で見る